クラウド型健康管理システム

クラウド型健康管理システム

時代の大きな転換期にあって、健康管理・健康支援の在り方も変化し、またデジタルトランスフォーメーションも加速しています。2020年9月には、Apple Watchの心電図アプリが医療機器として承認されました。また、2020年10月には、政府から「オンライン診療」の時限措置の恒久化の方針が打ち出されました。こうした動きは、それぞれの人が、健康を自己管理する力を高めつつ、何かあったらオンラインで相談・支援が提供される、という時代の流れそのものです。
ここで、企業としての健康配慮の本来の目的に立ち返ると、それは、社員さんの不調の予防、健康の保持増進と能力の最大化です。そのためには、“人”と“テクノロジー”の両方の力を効率的に活用することです。
Ridente産業医事務所では、オンラインでの産業医面談・コンサルティング・セミナーの他、クラウド型健康管理システムの導入支援も行っています。クラウド型健康管理システムは、ストレスチェックだけでなく、健康診断結果も併せて管理できるシステムです。どうぞお気軽にご相談下さい。

セルフケア用アプリ

音楽で楽しむフィットネスアプリ Beatfit  
https://www.beatfit.jp/

三日坊主防止アプリ みんチャレ      
https://minchalle.com/

AIカウンセリングアプリ SELF MIND    
https://selfmind.ai/ja/     
https://selfmind.ai/ja/pr-kit/

PAGE TOP